薬剤師の製薬会社への就職は?

薬剤師就職FAQ >> FAQその2 >> 薬剤師の製薬会社への就職は?

薬剤師の製薬会社への就職は?

薬剤師の資格を持っている人の大半は、調剤薬局などに勤務して調剤業務を行います。しかし、薬剤師の中には企業へ勤務する人もいます。薬剤師のニーズがある企業には、製薬会社の他に、医療機器メーカーや化粧品会社などがありますが、その中でも最も薬剤師のニーズが高いのは、やはり医薬品の開発を行う製薬会社ではないでしょうか。

製薬会社では、薬剤師はどのような仕事をしているのでしょうか?薬剤師の資格を生かせる職種は大きく分類して4つあります。まず、MRと呼ばれる営業職。製薬会社によって開発された新薬を、病院や医師などに営業するのがMRのお仕事。薬剤師なら薬学に関してスペシャリストなので、得意分野をフルに生かしたお仕事と言えるでしょう。営業職というと、強引に販売活動をする姿をイメージする人も多いのですが、現在ではそうした強引な営業活動は法律で禁止されているので、薬剤師が行うのは専門的な知識を生かした、新薬の説明や情報提供となっています。過去に起きた副作用を教訓に改善された医薬品の説明を行ったり、より安全に使用するための情報提供が主な職務となります。

製薬会社に勤務する薬剤師の中には、治験に携わる人もいます。製薬会社が新薬を発売する前には、必ず安全性を確認するための治験が義務付けられています。治験では人間の体が使われるため、その安全性や薬効などをデータとしてまとめ、国から承認を受けるのが、治験業務の役割り。薬のメカニズムなど、薬学に関する専門的な知識が必要となるため、薬剤師の資格を持つ人にはピッタリの職務といえるでしょう。

また、薬剤師の資格を持ちながら語学力にも自信がある人なら、学術論文などの仕事に携わることもできます。これは外国の文献を翻訳したりする作業が多いので、研究やリサーチが得意な人にとっては大きなやりがいを感じることができる仕事といえます。研究が好きな人には、新薬開発のための研究職もお勧めです。

ただし、こうした職種はなかなか求人が出ないため、根気よく求人を探すことが必要です。転職エージェントを活用しながら、タイミングを逃すことなく求人情報を見つけ、素早く応募したいですね。転職エージェントでは、薬剤師の転職に精通しているプロのアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。そろそろ求人が出るかもしれない、という裏情報を入手できることもあるので、上手に活用したいものです。また、アドバイザーはプロの視点から的確なアドバイスをくれるので、心強い転職活動ができるのではないでしょうか。

薬剤師就職にはコレ!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

薬剤師就職のFAQ その1

薬剤師就職のFAQ その2


Copyright (C) 2015-2018 薬剤師就職Q&A【※大手転職エージェント利用のススメ】 All Rights Reserved.